トップページ > 印鑑の選び方
印鑑の選び方
印材について 印材について サイズについて 書体について

サイズについて
人生において、様々な場面で必要となる印鑑。はじめて作成する際にまず頭を悩ませるのが、その種類と用途かと思います。こちらでは、代表的な「実印・銀行印・認印」について、詳しく解説させて頂きます。

実印
実印
必要なとき ・自動車購入
・マイホーム購入
・お金の借入
・遺産相続
おすすめサイズ 男性16.5mm、 女性15.0mm
おすすめ書体 篆書体、印相体
おすすめ印材 チタン、象牙、黒水牛

住民登録をしている地方自治体に登録(印鑑登録制度)した印章の事を実印と言います。 実印専用の印鑑があるわけではなく、お手持ちの印鑑を登録する事によってはじめて実印となります。
自治体によって多少異なりますが、主に登録可能な印鑑は以下の通りです。
■8mm以上25mm以内のサイズのもの
■欠けたり、変化しやすい素材でないもの(プラスチックやゴムは不可)
■他者がすでに登録していないもの
■シャチハタで無いもの(インクが経年劣化するため)

一般的に姓名(フルネーム)での彫刻となりますが、未婚女性の方はお名前だけでお作りする場合もございます。(自治体によってはフルネームでなければ登録できない場合もございますので、予めお住まいの地域の役所にご確認ください)
また、実印が必要となるお取引では、役所で発行される印鑑証明書が合わせて必要な場合がございます。転居などで住民票を移した場合は、実印も登録し直す必要がございますのでご注意ください。

実印


銀行印
銀行印
必要なとき・金融機関で口座開設
おすすめサイズ 13.5mm前後
おすすめ書体 篆書体、印相体
おすすめ印材 黒水牛、オランダ水牛、チタン

銀行もしくは証券会社等に、口座を開設する際に届け出た印鑑の事です。
特に決まりはありませんが、名字のみでの彫刻が一般的です。そのため、世帯の銀行印を一括で管理する場合は、それぞれ印材や書体に変化をつけることをお勧めいたします。
銀行印と通帳が手元にあり、住所氏名が分かれば預金をおろす事が可能ですので、セキュリティの面でも、実印や認印とは別にご用意することをお勧めします。

銀行印

認印
認印
必要なとき ・荷物の受け取り
・回覧板
・公的な書類の請求
おすすめサイズ 10.5mm、12.0mm
おすすめ書体 古印体、楷書体
おすすめ印材 アクリル等
荷物の受け取りなど、日常生活で多く使用される印鑑です。厳密には実印として登録されていない銀行印なども含めて、全ての印鑑を指します。役所に届出がなくとも、印鑑としての効力はもちろんありますので、お取扱いには十分ご注意ください。
認印は、実印や銀行印よりもやや小さいサイズを選び、名字のみでお作りするのが一般的です。「私は確かに確認・承諾しました」という事を相手に証明する印鑑ですので、読みやすい書体を選ばれる方が多くいらっしゃいます。また、最も身近な印鑑ですので、印材は好みで選ぶのもお勧めです。

認印

▲ページの上へ

印材について

印鑑の素材(印材)には種類ごとに特徴があり、お使いになる目的や用途によっておすすめの印材が異なります。ご自分の好みと照らし合わせて、気に入った印材をお選びください。
印材の種類
柘へ 黒水牛へ オランダ水牛へ
象牙へ ナツメへ 彩樺へ
アグニへ チタンへ アクリルへ


柘
柘 柘(つげ)は木偏に石と書く字の通り、 印鑑に適した硬度を持つ木です。
他の印材と比較すると多少耐久性は劣りますが、 大切に扱っていただければ長くお使いいただけます。
比較的手頃な価格帯ですので、はじめての印鑑にも最適です。
柘

黒水牛
黒水牛 水牛の角を加工して作られた印鑑です。
黒く光沢のある黒水牛は高級感があります。
耐久性にも優れている、バランスの良い印材です。
柘

オランダ水牛
オランダ水牛 飴色の優しい色合いが上品な、特に女性に人気の印材です。
表面には天然素材の特徴として、 一つ一つ異なる黒や茶色の模様が入っています。
はんこ祭りでは角の部位で最も高級とされる「芯持ち」部分を
使用しておりますので、ひび割れ等の耐久性にも優れています。
オランダ水牛

象牙
象牙 象牙は耐久性と美しさを兼ね備えた高級感あふれる印材です。
見た目と手触りの良さに優れており、 一生もののご印鑑としてお使いいただけます。
日本では古来より工芸品に珍重され、今もなお、 正倉院宝物として現存するほどの高級天然素材です。
象牙

ナツメ
ナツメ 果実は食用としても知られる身近な木です。
材質が固いので、古くから車軸や印材に加工されてきました。
木目がやさしいぬくもりを感じさせ、 使い込むほどに色艶を増していきます。
ナツメ

彩樺
彩樺 ヒノキ材と同程度の硬さを持ち、建材にも使用される バーチ材(真樺)と樹脂を高圧加熱処理したエコ印材です。
バーチ材は均等で緻密、 反りの少ない木肌を持ちます。
独特の木目が非常に美しい印材です。
彩樺

アグニ
アグニ ヒノキ材と同程度の硬さを持ち、建材にも使用される バーチ材(真樺)と樹脂を高圧加熱処理したエコ印材です。
バーチ材は均等で緻密、 反りの少ない木肌を持ちます。
特徴的な赤色と木目が美しいため、 女性を中心に人気が高まっています。
アグニ

チタン
チタン チタンは航空機の部品や人工関節のような医療器具など、 幅広い分野で使用される金属の一種です。
手になじみやすく、捺印に適した重量感で近年人気の印材です。
欠けにくく、摩耗しにくいといった強固な性質を持つため、 頻繁に捺印される法人印鑑にも大変おすすめです。
チタン

アクリル
アクリル アクリル素材ならではの可愛らしい色、模様が 女性に大変人気の印材です。
お子様へお作りするはじめての印鑑や、 プレゼントにおすすめです。
小さめのサイズ展開が多いので、認印に最適です。
アクリル

▲ページの上へ

サイズについて
男性はどっしりと重く太いサイズを、女性は男性に比べて控えめなサイズを選ばれる方が多い傾向です。また、その人の顔ともなる実印や銀行印に比べ、認印は小さなサイズでお作りする傾向にあります。
用途別おすすめサイズ柘


書体について

はんこ祭りで扱っている書体をご紹介いたします。書体によって、偽造されにくいもの、読みやすいものなど幅広く揃えておりますので、用途に合わせてお選び下さい。
書体の種類
篆書体(てんしょたい)書体の種類書体の種類
書体の種類中国の秦の時代以前に生まれた書体です。 日本の紙幣やパスポートの表紙などにも使用されています。 現在は法人印鑑にカタカナ、アルファベットなどが 多く使用されますがその際には最も美しく、 バランスが取れる書体となります。


印相体(いんそうたい) 書体の種類
書体の種類篆書体(てんしょたい)を元に作られた書体で、 より図形化され原型が分かりにくくなっているため、 偽造されにくいという特徴を持ちます。 実印や銀行印に多く使用されております。


古印体(こいんたい) 書体の種類
書体の種類独特の途切れた線と重量感が特徴的な、
印章彫刻の為の日本独自の書体です。
読みやすく、主に認印や法人印鑑にも多く使用されております。


隷書体(れいしょたい) 書体の種類
書体の種類篆書体(てんしょたい)の字画を簡略化した書体で、
形は全体的に横に平たく、より読みやすく改良されています。
銀行印や認印に向いています。


楷書体(かいしょたい) 書体の種類
書体の種類DMやチラシなどの印刷物によく見られ、読みやすい書体です。
認印やゴム印に向いています。


行書体(ぎょうしょたい) 書体の種類
書体の種類丸みを帯びた流線的な書体です。 筆で描いたような風格があり、認印やゴム印に向いています。


書体見本

横彫りについて 横彫りについて
お買い物かごの選択肢で彫る方向をお選び頂けます。実印との見分けを分かりやすくするために銀行印は横彫りで、という方もいらっしゃいます。

書体確認

「はんこ祭り」では、1書体につき100円で書体確認サービスを行っております。
「書体確認サービス」を印鑑と同時にご購入いただくと、彫刻前に印影の確認ができます。
どんな印影・デザインになるのか不安だという方は、ぜひご利用ください。 書体確認サービスはこちらのページ

また、文字の形状をご覧頂く書体プレビューをご用意しました。
書体プレビューはこちらのページ
※書体プレビューは文字の書体ごとの形状をご確認頂くサービスです。
実際に作成される印鑑はレイアウト・文字幅等を職人がデザインするため、
実際の商品とは異なります。細かいレイアウトをご確認頂く場合は書体確認サービスをご利用ください。 ▲ページの上へ